ロレックスの歴史

ロレックスの歴史

ロレックスの歴史は1905年にハンス・ウイルスドルフによって時計の販売会社としてスタートし、1908年からはメーカーとしても活動を始めて現在に続いています。
スイスの時計メーカーの創業は19世紀に集中していますが、20世紀に創業したロレックスは歴史も伝統も持たない新興時計メーカーといえます。しかしそれゆえに新しい技術に果敢に挑戦し、現在では常に売上が世界の上位にランキングするほどに成長しています。

そんなロレックスの礎を築くことになった最初の時計は、1926年に完成し特許を得た「オイスター」と名付けられた腕時計です。
世界で初めて防水ケースを採用し、時計メーカーをはじめ一般人にも衝撃を与えました。
続いて1931年に、当時は他のメーカーがあまり注目していなかった自動巻き機構を搭載した腕時計を発売しました。
この時計は「パーペチュアル」と名付けられ、このモデルの成功によって多くの時計メーカーが自動巻きモデルに積極的に取り組むようになりました。

このパーペチュアルは、ムーヴメントに組み込んだローターの回転によってゼンマイを巻き上げる機構ですが、ゼンマイの張力を一定に保つことによって、それまでより高い精度を可能にしました。
その後の1945年には、日付を文字盤のダイヤルの小窓に表示する機能を搭載した「デイトジャスト」と呼ばれる自動巻き腕時計を発売しました。
この「デイトジャスト」によって今日の腕時計の基本的な要素がすべて成立しました。
創業当時からの腕時計の高い品質と、新技術への探求精神は、21世紀になった今でも脈々と受け継がれてきています。